合併症を引き起こさないためにも高血圧向けの食事で治療しよう

看護師

減塩食のススメ

食事

高血圧状態が続くと、血管にまつわる疾患の原因となります。この疾患は、命に関わるケースが多いとされています。高血圧の原因は、食塩の過剰摂取であることが多いといわれています。香辛料やだしを有効活用することで、物足りなさを補いながら減塩食を続けることで、高血圧を予防することができます。

血圧をコントロールする

夫婦

高血圧は、様々な原因が複合的に絡み合った結果発生するケースが多く、治療に際しても様々な要素を考える必要があります。その際、食事をコントロールすることは大切で、塩分を多く取り過ぎない、脂分や糖分を控えるようにする、栄養バランスの良い食事を心がけるなど、いくつかのポイントがあります。

血圧が高い場合の対策

ご飯を食べるシニア女性

高血圧症という診断を受けた場合は、薬物療法だけに頼り切るのではなく、食生活の改善を図ることがとても大切です。塩分の過剰摂取が血圧を高くすることは、周知の事実です。血圧を下げたいのであれば、何よりもまず減塩を心がける必要があります。

もっと読む

脳卒中や心臓発作の原因

和食

塩分を控えた食生活が大事

高血圧がサイレントキラーと言われるのは、事前に痛みなどの自覚症状がなくていきなり脳卒中や心臓病の発作を起こす可能性が高いからです。高血圧は普段の生活習慣が影響しているので、睡眠をよくとりストレスを溜めないように気をつけることが大事です。日本人に高血圧が多いのは、漬け物をはじめとして塩分の高い食生活を送ってきたからです。普段の食生活で塩分の取りすぎに気をつけることも必要です。また加工食品には調味料や塩分が多く含まれているので、注意しながら食生活に取り込むようにします。日々の血圧を測ることによって高血圧を予防できます。最近は家庭でも簡単に測れる血圧計があるので、朝の起きた時と夕方の2回測るようにすると、自分の血圧を把握できます。

忙しい人に人気のサプリ

サラリーマンなどは仕事が忙しく、外食が多くなります。外食は多勢のお客の舌を満足させるために味付けが濃いめになっており、塩分も多く含まれています。毎日お弁当を持参するのが理想ですが、必ずしもそういうわけにはいかないのが現実です。そんなサラリーマンに人気なのが、高血圧に効果のあるサプリです。サプリなら持ち歩きができるので、必要な時に服用することができます。また常時サプリを飲むようにすると、自然に食生活にも気をつけるようになるというメリットがあります。色々な高血圧用のサプリがありますが、特に効果があると言われているのがアリシンという成分です。アリシンはニンニクに多く含まれている成分なので、血圧の安定にはとても効果があります。