合併症を引き起こさないためにも高血圧向けの食事で治療しよう

女の人

血圧が高い場合の対策

ご飯を食べるシニア女性

宅配サービスが人気です

高血圧症になる原因は様々です。よく知られているのは、食塩やアルコールの摂り過ぎ、喫煙などが原因で血圧が高くなってしまうケースです。また、精神的ストレスが血圧を高くすることも知られています。ただし、ストレス社会と言われている現代社会において、ストレスを完全になくしてしまうことは現実的に不可能です。そのため、高血圧症を患う患者の数が増える一方となっています。血圧が高いと診断された場合は、血圧を下げる薬の投与を受けることになるのが一般的ですが、薬物療法と同じくらい重要なのが食事療法です。塩分や脂肪、カロリーの過剰摂取は血圧を上げる原因になります。症状を悪化させたくないのであれば、それに合った食生活を心がける必要があります。ただし、単純に料理の塩分量を減らしてしまうと味が不味くなってしまうため、病食の宅配サービスを利用する人が増加しています。毎日の献立に頭を悩ませる必要がなくなるため、病食宅配サービスが大人気になっています。

減塩がポイントです

高血圧症の予防や改善を考えた場合、一番重要になってくるのが減塩です。塩分を摂り過ぎると、血液中にナトリウムがたまります。血液中のナトリウム量が多くなると、人間の体は水分を蓄えてナトリウムの濃度を調節しようとします。簡単に言うと、水で薄めてナトリウム濃度を下げようとするわけですが、水分が増えた分だけ血液の量が増加するため、血圧が高くなってしまいます。なので、脂肪やアルコールの摂取を控えることももちろん大切ですが、まず第一に減塩を心がけることがとても重要になってきます。しかし、米を主食にしている日本人は、塩辛くて味付けの濃いものを好む傾向が強くなっています。先程も述べたように、ただ単純に減塩すると、食事を摂ることがストレスになってしまう可能性が出てきます。でも、宅配サービスの高血圧症食は、出しを濃いめにとる、スパイスや柑橘類を多用するなどの方法で、味付けに工夫が凝らされています。塩分控えめでも美味しく食べられる料理になっているため、おすすめすることができます。