合併症を引き起こさないためにも高血圧向けの食事で治療しよう

女の人

血圧をコントロールする

夫婦

血圧が高くなるのは

高血圧は、長期にその状態が続くことによって動脈硬化をまねき、脳卒中などの脳血管疾患や心臓病、腎疾患など多くの病気を引き起こす原因となります。しかし日常的には症状の自覚が無いため、サイレントキラーとも呼ばれています。遺伝、食生活、運動不足や肥満、やストレスなど、高血圧の原因は様々なものが考えられます。多くの場合、何かひとつの原因が特定されることは無く、さまざまな原因が複合的に絡み合った結果、高血圧の症状が出ているものと考えられています。考えられる原因をもとに、治療や予防の方法も異なってきますが、普段の生活の中で気をつけることができ、しかも重要な要素として、どのような食事を取るか、ということがあります。

どのような食事が良いか

食塩の取りすぎは、高血圧をもたらす大きな要因のひとつです。日本人の食生活は、一般的には魚や野菜を多く取り入れた健康的なものだといわれますが、同時に食塩の摂取量は多くなる傾向にあります。干物や漬物、加工品など、食塩を多く含む食品はできるだけ減らす、塩味の代替として酸味やうまみが活用できる料理であればそのままの状態を生かすことが大事です。ラーメンなど麺類の汁は飲み干さないように注意するといったことも日々の生活の中で心がけながら食品を摂取することが大切です。また、肥満が高血圧の原因だと思われる場合には、揚げ物などの油や、菓子類やジュースなど糖分の多い食品を避けることも大切です。そのほか、栄養バランスの取れた食事を心がける、アルコール飲料に関しては医師の適切なアドバイスを受ける、など、注意すべき点があります。